短期集中型のコース|調理師専門学校の情報収集|体験入学で得られる経験

調理師専門学校の情報収集|体験入学で得られる経験

包丁

短期集中型のコース

男女

大学に進学した後や1度社会に出てから自分のやりたいことに気づく、という人が多く存在しています。調理という食の分野に携わりたい人も数多く存在しており、独学で料理を作っている人もいるでしょう。本格的にキャリアアップや転職活動を考えている場合は、調理専門学校への進学も視野に入れておくのが良いといえます。専門学校は2年課程が主流となっていますが、上記のような大学生や社会人を対象とした1年課程のコースも準備されているのです。1年課程であれば学費も安く抑えることができ、短期間で集中して学ぶことができるのです。1年課程のコースでは392時間近くの実習時間が設けられており、限られた時間の中で、様々な国の料理を習得することが可能となっているのです。
技術だけでなく理論のカリキュラムも充実しているので調理師免許やふぐの取扱登録者証などの資格も取得可能です。1年間学んだ後に2年課程へと移ることもできるので、迷っている人は1年課程のコースから始めてみるのも1つの手段だといえます。1年課程終了後に料理の本場といわれるフランス留学するコースもあるので、幅広いキャリアアップが臨めます。1年課程は調理クラス、キャリアクラス、ダブルマスタークラス、フランス校留学クラスに分かれているので、自分の目指したいキャリアに合わせてクラスを選択するのが大切です。上記のクラスは全てオープンキャンパスや体験入学を実施しているので自分の目で確認してみるのが最適な方法なのです。