調理師専門学校の情報収集|体験入学で得られる経験

『美味しい』を多くの人に提供できるようになる

3年課程のメリット

ウーマン

2年間という短い期間で専門的な知識と技術、そして資格取得を目指せるのが専門学校の大きな強みだといえます。2年制の前期からは就職活動がスタートするので、勉強の専念できるのは実質1年だと考えておいた方が無難です。調理師専門学校はこれまで、1年課程と2年課程が主流となってきましたが今年、3年課程のコースを開校した専門学校が出てきたのです。学費が高い分、じっくりと時間をかけて食の分野を追求できる人材育成が3年課程の大きな強みとなっています。料理を作成するだけでなく、他業界との繋がりや関係性まで幅広く社会貢献ができる料理人が目指せるのです。カリキュラムの中では自分だけのテーマを設定して他の生徒や講師に向けて発表をする研究的なプログラムも採用されています。
現在は存在しない新たなレシピを生み出す発想力も養えるので、これからの調理業界を担う人材を目指すことができます。新しく解説されたばかりのコースなので、卒業生はまだいませんが、気になる人は学校の公式webサイトから資料請求をするのが良い情報収集の方法だといえます。資料ではwebサイトからは得られない詳細な学費情報や経済的負担を軽減する奨学金制度、特待生制度なども明記されているので熟読するように心がけましょう。自分の目で学校を判断したいと考える人は体験入学やオープンキャンパスに足を運ぶのが最適です。オープンキャンパスでは専門学校のカリキュラム同様の調理を体験できるので、入学後のイメージにも繋がるでしょう。

様々な料理スキルを習得

包丁と食材

調理という技術は独学やアルバイトなどの経験を通して習得することもできますが、プロの現場でいち早く活躍したいと考えるのであればカリキュラムが充実した調理師専門学校に進学するのが最適なのです。

詳細へ

美味しさの秘訣を理解

鍋

調理という技術を仕事にしたい場合、あんていした料理を提供し続けるのが重要となってきます。専門学校ではまぐれではなく、しっかりとした理論に基づいて調理技術を指導していくので美味しさの秘訣を頭で理解することが可能です。

詳細へ

短期集中型のコース

男女

大学生や社会人になった後に調理の勉強を本格的に始めたいと考える人は、1年課程の調理師専門学校へと進学するのが良いでしょう。なぜなら、短期間で技術と資格の両方を得られるからです。

詳細へ